菅乃屋 馬刺し 通販

ヘルシー食材馬刺しを日本一の生産地から

本場熊本よりの直送馬肉はこちら

 



 

「火の国」熊本は食材豊富な九州の中央に位置し、阿蘇山を源とする澄んだ水
に恵まれて、辛子蓮根や一文字ぐるぐる等特徴ある食文化を育んできました。
その中でも特に名物とされるのが馬肉です。

 

阿蘇

 

お肉の中でもヘルシーな「馬肉」、昔から「桜」と呼ばれ親しまれていましたが、
近年においては牛や豚に比べて選好性が低いことから、安価な食材とされ、
加工食品やペットフードの原材料として使われてきました。

 

しかし、九州や信州の一部の地域では名物として人気の食材となっています。
その地域へ旅行に行った際には、必ず召し上がる方も多く、またお土産と
して持ち帰る方もいらっしゃいます。
馬肉には牛豚鶏肉に比べて、癖が無く好き嫌いなく、どなたでも美味しく
食べられると同時に、優れた性質があります。

 

◆低コレステロール・低飽和脂肪酸であること
◆高たんぱくであること
◆牛肉の1/5も低脂肪であること
◆約20種類ものアミノ酸を含んでいること
◆牛肉、豚肉の3倍のカルシウムを含んでいること
◆豚肉の3倍以上の鉄分を含んでおり、ホウレン草やひじきよりも多いこと
◆他の肉の3倍〜20倍も多くビタミン類を含んでいること

 

 

赤身はアッサリと癖が無く、貴重な鬣の部分はねっとり深いコクがあります。
ビールや焼酎、日本酒の肴にはピッタリですね?
また、馬肉は生食の「馬刺し」のほか、焼いても美味しく召し上がることが
出来るんです。

 

モツはもつ鍋の材料になりますが、これはさすがに地元オンリーでしょう。
でも、ロースやコウネ、レバーまであるんです。
これは美味しいですよ!

 

 

そんな馬肉を日本一の生産量を誇る熊本県から、厳選してお手元へお届けします。
ご家庭でのお祝い事に、大切な方のおもてなしに、熊本菅野屋の最高級馬刺し
を是非、お召し上がりください。

 

馬刺し

 

 

 

馬刺しの旬

 

日本の食は、フレンチやイタリアンに比べて素材の味を引き立てる調理法に特徴が
あります。
多くの料理にバターや生クリーム、オリーブオイルを使用する料理とは違い、「生」でも
食せる素材を最適な調理法と味付けで提供されています。

 

そのため、全ての食材にある「旬」を大切にし、正当な和食は季節外れの食材を
使用しません。
いつでも食べられる肉類にも旬があり、その中でも馬肉の旬は9月〜11月です。
この時期は冬に向けて脂肪を蓄えるため、低脂肪と言われる馬肉ですが、
この時期が馬肉が最も美味しい季節となります。

 

但し、福島県会津地方産と、ニュージーランド産は、春から夏にかけてが旬とされて
います。

 

 

 

 

 

リンク集